BLOG ブログ

水の歴史=生命の歴史

水は宇宙からやってきた??

【宇宙から毎日100トンの水のプレゼント】




私たちが生きているこの地球で水と生命が

どの様に生まれていったのか、ご存じでしょうか?



これは明確にわかっているのではないのですが、

様々な説があります。





~ 地球のマグマが冷えたストーリー ~



最初は、地球ができた時は、燃えたぎるマグマの塊だった、

そしてマグマの中に水素が含まれていて、



マグマが冷えて岩になる過程で、大量の水蒸気として噴き出した

そして、雨となって地上に降り海が生まれた。



というストーリーで、一般的に言われている内容





~ 宇宙から飛んできたというストーリー ~



宇宙には沢山の小彗星(しょうすいせい)が飛んできていて、

その正体が、氷と水のボールの塊だという事。



1分間で20個(約100トン)も飛んできて、大気圏の熱で溶けて、

空中で雲や雨となって、地上に降り注いできて、海となった。



という、アイオワ大学の教授の有力ストーリーです、

しかも現在も1分間に100トンの水が宇宙からきてる様です。





と2つストーリーがあるのですが、

どちらが、良いな、好きだな、と思いますか?



筆者は、やっぱり宇宙から来たというワクワクする驚きの話です。



しかも数十年前に、この説はNASAとハワイ大学が、

信憑性があると発表しているそうです。



毎日降ってくる雨が、宇宙からのエネルギーやパワーだと

思うと、神秘的で素晴らしいですよね。

地球についたら、旅行のスタート

【宇宙の旅を終えて、世界中を循環していく】




宇宙から来た水は、雨となって地上に降り注ぎ、

山から土に浸み込み、地下でミネラルたっぷりの水になったり、



川から海へ流れこみ、また太陽熱で空気に戻り、雲となったり、

地球上を循環して、様々な生き物にエネルギーを与えていきます。



そうした海の中で藻が光合成することにより、酸素ガスが生まれ、

初めて生命が誕生したのが38億年前という事です。



酸素ガスは紫外線によって、命を守るバリアのオゾン層を作り上げました。

そのおかげで、生命がやっと海から地上に出る事ができ、

初めて海中以外で生き始めました。



これが4億2000万年前です。



その後、人類の祖先となる原人がアフリカで誕生しまして、

これが200万年前という事です。



少し、スケールの大きい時間軸のお話でしたが、分かり易く言います。

地球が生まれてから今までが46億年前で、

これをさっくりと、1月から12月の1年で例えた場合、



1月1日に地球が誕生して、

3月3日頃に、初めて海で生命が誕生して、

11月29日頃に、初めて地上で生活し始めて、

12月31日の夜8時ごろに、人類誕生という事です。

(まだ、1年の内たったの4時間ぐらいです(笑))



ですので、人類の歴史は本当にまだまだ短いという事。



この短さで、地球を汚染したり、生態系を壊しているのだから、

人間の手というのは、ものすごい影響力を持っているのだと思います。



だからこそ、僕たち一人一人がしっかりと、生命の源の「水」や「地球」に

感謝して、慈しみ、守って行くことが大切なのだと思います。



今日も明日からもずっと、水の恵みに感謝していきましょう!