BLOG ブログ

甘露乃水でお料理が美味しくなる4つの理由

お米、煮物、お出汁、お野菜は格別の味に

① 煮込み時間も短縮【高い溶解力と浸透力】

~素早く溶かして、しっかり染み込む~


「溶解力」は簡単に言えば物を溶かす力です。
甘露乃水は水道水より溶解力が1.1~ 1.4 倍も優れています。

お茶やコーヒー、お出汁などは、その成分が溶け出し易くなり 、
渋みや苦みを緩和して、カドがとれ、まろやかな味わいに。


また、「浸透力」は味を浸透させる力です。
甘露乃水は、水道水より表面張力を80%に落としている為、

スープはまろやか、食材を味覚にしっかり浸透させます。
プロテインなどのサプリメントは溶け出し易くなり
身体にしっかり浸透 していきます。

② 素材を活き活き新鮮に【ミネラル還元力】

~野菜はシャキシャキが一番おいしい~


食材に含まれるミネラルを還元して活き活き新鮮に。

ごはんはふっくら炊け、野菜はシャキシャキになります。
煮物に使うと素材の味を、引き出し味に深みがでてきます。

反対に、水道水でお米を研ぐと、その塩素によりミネラルを酸化させ、
大量のミネラルが失われてしまうので、ミネラル還元力が重要です。

③ 日本の水は基本的にこれ【中性&軟水】

~和食には中性&軟水がぴったり~


甘露乃水は72種類ものミネラル量があるのに、
中性で軟水という3つの性質を併せ持つのお水です。
(通常ミネラル豊富な場合は、硬水になりがちです。)

軟水で作られる、日本古来からの和食はもちろんのこと、
ミネラルが多い特徴の硬水が合うと言われている、
西洋の料理にも馴染みやすい特徴があります。

④ やっぱり酸素は必要【豊富な酸素量】

~人間には必要不可欠な要素~


甘露乃水は水道水の1.4倍の酸素量を含みます。

疲労回復や気分転換に効くと言われる、
「酸素水」ですが、やはり人の味覚にも影響してきます。

酸素があるから、人間に優しくて、まろやかな
水の美味しさが損なわれないのです。

日本のボトル水は加熱処理され、酸素がないものが多い事と、
アルカリイオン水も電気分解の課程の中で酸素を無くしてる物が多いので、
甘露乃水は特殊な性質を持ちます。