BLOG ブログ

なぜ??日本消滅の危機??

【日本消滅の危機??】

イーロンマスク氏の発言「日本はいずれ無くなる」の根源とは?

数日前にアメリカのテスラCEOイーロンマスク氏が
「日本はいずれ無くなる」とツイートしたことで
「日本消滅」という言葉が今、オンライン上では大反響しております。

厚労省も毎年発表している内容なのですが、
2021年の人口変動数はマイナス約60万人。

勿論、海外移住された方も含まれているのですが、
実際は死亡が理由で減少しているのが約50万人ほど。

2030年には、減少数が増加してこれが150万人になるそう。
そして、2100年には半減して総人口は約6000万人になるという予測があります。


このデータが理由で「日本消滅」というワードが出てきたワケです。

なぜ日本の人口が減り続けているのか??

因みに、死亡者数が多い理由は、
流行の新型コロナウィルスは全く関係ないです。

1940年頃や1970年頃のベイビーブームで生まれた人達が、
医療発達の恩恵で寿命が延びていた経緯があり、

そして、今になって、現在の高齢者の方々が寿命に達して、
死亡数>出生数という状態が出てきたシンプルな生命の循環の結果です。


では、日本が長寿大国になった結果、
現在の死亡率が高いのは見えるけど、なぜ出生率が低いのか。

世界でも出生率は全体的に下がっていますが、
2021年の統計では日本の出生率は191位/208ヶ国中でした!


おおよそ、この様な背景から出産が積極的でなくなったそうです。
・お見合い結婚から、恋愛結婚に変化(晩婚化になり高齢出産が増えた)
・長時間労働が増えた、ワンオペ育児が大変そう(親の経済的、肉体的負担が大きくなった)
・戸籍問題も子作りブレーキの一因(海外と異なり、日本では未婚の男女の子は育児ハードルが高い)

出生率が上がらない理由の一つに「不妊が増えていること」

そして、日本では出生率を上げられない理由の一つに
「不妊」という問題があります。

昔は不妊と言えば女性側の問題と言われていましたが、
今や男性側の問題も50%あると言う事です。

ですので、男性側も気をつけていき、
男女ともに寄り添いながら考えていくことが大切です。

そして、なぜ男性側の不妊問題が上昇しているかと言うと、
昨今の「精子の悪化」という問題が大きくなっているためです。

男性側に問題あり!?気づかないうちに「精子悪化」の生活習慣に!

よく言われている、精子悪化の原因としてはこんな所です。

① プラスチック(ペットボトル、海洋プラスチック)
② 残留農薬(水道水、地下水汚染、農作物に薬物)
③ 食生活の変化(大量の添加物、食の欧米化、飽食)
④ 生活習慣病の率が戦後上昇(がん、糖尿病、高血圧など・・)
⑤ 電磁波の激増(5G、スマホ、テレビ)
⑥ ストレスは体に猛毒(人間関係、仕事、満員電車)
⑦ ネット社会の発達からポルノ中毒(刺激が強い内容に慣れやすい)

各トピックを掘り下げていくと興味深いので、
また近日中に、上記トピックの内、いくつかクローズアップして行ければと思います。


僕ら男性側ができる対策は
・①~⑦の精子悪化問題に原因となるモノをできるだけ排除する
・日々の運動を継続する
・食事バランスを整える*「まごわやさしい」を意識しましょう
・睡眠をしっかりとる
・良質なお水をしっかり飲む


全てを完璧にというのは難しいかもしれませんが、
意識を持ってできるだけ取り組む事が大切です。

日本の活性の為、私達のよりよい未来の為に、是非意識していきましょう。