BLOG 水ブログ

お水の効果を見直して美肌になろう!

お水は、美肌になるのに欠かせないものです。
お水の飲み方や選び方を見直して、今よりも美しい肌を目指しましょう。

美肌に役立つお水の効果

肌を乾燥から守る

美肌にとって、乾燥は大敵です。
肌の水分が不足して乾燥すると、肌がしぼんでカサカサになってしまいます。

肌のバリア機能も低下してしまうため、刺激を受けやすくなり、
肌荒れなどのトラブルも起こりやすくなります。

ハリと弾力のあるふっくらした肌になるためにも、肌の乾燥を防ぎましょう。

ローションや美容液によって外から水分を補給するだけでは、
肌の潤いを保つことができません。

しっかりと水分補給して、体の中から潤いを与えましょう。

肌質をよくする

美しい肌をつくるには、栄養と酸素が欠かせません。

肌に必要な栄養と酸素を届ける役割をもっているのが、血液です。

そのため血液の流れが悪くなると、
十分な栄養と酸素が肌に届かなくなり、肌質が低下してしまいます。

血色も悪くなるため、肌がくすんで顔色が悪くなってしまいます。

血液の流れを促して肌質をよくするためにも、適切な水分を摂りましょう。

血液は老廃物を運搬・排出する役割ももっているため、
血液の流れがよくなることで、肌のむくみを防ぐこともできます。

肌のターンオーバーを整える

肌は、古い皮膚から新しい皮膚へと一定のサイクルで生まれ変わっています。

これをターンオーバーといい、
美肌になるにはターンオーバーを整えることが大切です。

ターンオーバーが乱れてしまうと、
古い角質が肌の表面にいつまでも残ってしまい、
肌がゴワゴワになって透明感が失われてしまいます。

ターンオーバーが乱れる原因の一つが、便秘です。

水分が足りないと、便が硬くなって排出しにくくなり、
便秘になりやすくなってしまいます。

便秘を防ぐためにも、しっかりと水分補給をして便通を整えましょう。

美肌になれるお水の摂り方

美肌になるために必要な水分摂取量

美肌になるためには、自分が必要とする量をしっかりと摂ることが大切です。

必要な水分摂取量は年齢や体重、
生活習慣や運動量などによっても違いますが、
体重60㎏の成人では、1日に2.5ℓの水分が必要だといわれています。

そのうち食事から摂る量と体内でつくられる量を引くと、
約1.2ℓの水分補給が必要です。

飲むタイミングと飲み方

水分補給は、体の水分が不足する前に飲むことが大切です。
体の水分が不足するとのどが渇いたと感じるので、のどが渇く前に飲みましょう。

水分が体に浸透するには、
飲んでから15~20分ほどかかるといわれています。

体の水分不足が予想される、運動や入浴前、就寝前や起床時には、
コップ1杯のお水を忘れずに飲んでください。

体が冷えると血液の流れが滞ってしまうため、お水は常温で飲みましょう。

便秘の方は、起床時の1杯を冷水にするのがおすすめです。

冷たいお水が腸を刺激して蠕動運動を促し、便秘の解消に役立ってくれます。

体が一度に吸収できる水分量は200~250㎖だといわれており、
まとめて大量のお水を飲んでも、吸収されずに排出されてしまいます。

効率よくお水を吸収するためにも、少しずつこまめに飲みましょう。

質の高いお水を飲む

肌は、食べた物や飲んだ物によってつくられています。

美しい肌をつくるためにも、体に適した質の高いお水を飲みましょう。

皮膚や粘膜の健康を保つのに欠かせない亜鉛や、
赤血球の材料となる鉄などのミネラルが豊富なお水がおすすめです。

活性水素には、肌の老化を促す活性酸素を減らす効果があるといわれています。

体に悪影響を与える不純物がしっかりと除去された、
きれいなお水を選ぶことも大切です。

美肌のためとはいえ、飲みたくない物を毎日1.2ℓも飲むのは苦痛です。

ストレスにならないためにも、
美味しいと思えるお水や飲みやすいお水を飲みましょう。

美肌になれるおすすめの飲み物

体と肌を潤す基本はお水ですが、
たまにはジュースなどの嗜好品が欲しくなると思います。

そんなときには、次の飲み物がおすすめです。

ハーブティー

種類が豊富なハーブティーには、
肌が美しくなる効果の期待できるものがそろっています。

「ビタミンCの爆弾」と呼ばれているローズヒップは、
美肌に欠かせないビタミンCがレモンの約20倍もあるといわれています。

抗酸化作用のあるリコピンも含まれているため、
肌のくすみを防いで透明感を高めてくれる効果が期待できます。

欧州で民間薬として活用されていたカモミールは、
気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果があるといわれています。

美肌にはストレスが大敵なので、カモミールをストレス発散に役立てましょう。

ハーブティーは味だけでなく、
香りを楽しみながらゆっくり飲むのがおすすめです。

ココア

ココアは、美白やアンチエイジングが期待できる飲み物として人気を集めています。

ハリと弾力のある若々しい肌を保つには、肌の酸化を防ぐことが大切です。

ココアに含まれるカカオポリフェノールには抗酸化作用があるので、
肌を酸化させる活性酸素から肌を守る手助けができます。

カカオに含まれるテオブロミンには、
リラックス効果が期待できるといわれています。

食物繊維も含まれているため、腸内環境を整えるのにもおすすめです。

ココアを選ぶときには、カカオ100%のピュアココアを選ぶとよいでしょう。

甘酒

「飲む点滴」と呼ばれている甘酒は、
美肌に欠かせないビタミンやアミノ酸などの栄養分が豊富に含まれた発酵飲料です。

ビタミンは、疲労回復や新陳代謝を促す働きをもっています。

体が疲れていると肌にも影響が出てしまうため、
甘酒を飲んで疲れをためないようにしましょう。

甘酒の原料である麹に含まれるグルコシルセラミドには、
腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きが期待できます。

甘酒は簡単に手作りすることができるので、
いろいろ工夫してオリジナルの甘酒を楽しみましょう。

ノンアルコールの甘酒をつくることもできます。

より美肌になりたい方は、
飲み物をつくるときに使用するお水にもこだわりましょう。

使用するお水によって、期待できる美肌効果や味が大きく違ってきます。

最後に:お水を美肌に役立てましょう

美肌になるには、質の高いお水をこまめに摂ることが大切です。

マイボトルや水筒などにお気に入りのお水を入れて持参したり、
部屋に常備したりして、お水を摂りやすい環境を整えましょう。

飲んだ物が肌をつくると思って、飲み物を選んでみてください。