BLOG 水ブログ

頭皮を健康に保つのが美髪への近道!

美髪になるには、土台となる頭皮の健康を守ることが大切です。
頭皮と髪のケア方法をマスターして、美髪になりましょう。

頭皮を清潔に保つ洗髪方法

洗髪方法の手順

1. ブラッシングをして髪のからまりをほどき、汚れを落とします。

2. ぬるま湯で髪をすすいで、頭皮や髪についた汚れと皮脂を洗い流しましょう。

3. シャンプーをしっかりと泡立てて、頭皮を洗っていきます。洗うときには指の腹を使い、やさしく揉むように洗いましょう。

4. 全体を洗ったら、ぬるま湯ですすぎます。すすぎは3分以上を目安にし、頭皮や髪にシャンプーが残らないようにしっかりとすすぎましょう。

5. 軽く水気を切ってから、コンディショナーやトリートメントをつけていきます。コンディショナーやトリートメントは、毛先から全体につけていきましょう。

6. コンディショナーやトリートメントが全体に行きわたったら、シャンプーと同じようにぬるま湯で洗い流します。

7. 水気を切ってから、タオルドライをします。タオルドライをするときには、頭皮や髪を強くこすらないようにし、軽く抑えるようにして水気をとっていきましょう。

シャンプーやリンスの選び方

シャンプーは、頭皮や髪の毛の汚れをしっかりと落とせるものを選びましょう。
けれど、洗浄力が高すぎると頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥する原因となってしまうため注意が必要です。

皮脂が多い方は皮脂をしっかりと洗い流す効果のあるもの、肌が乾燥しやすい方は保湿力の高いしっとり系のものなど、自分の頭皮に合ったものを選ぶようにしましょう。

その他にも、敏感肌用、フケ用、エイジングケア用などさまざまなタイプが販売されているため、自分にぴったりのものを探してみてください。

ずっと使っているシャンプーやリンスが、年齢や体質の変化によってベストではなくなることもあるので、時々見直してみるのもおすすめです。

使用するお水の品質にもこだわりましょう

洗髪には、水素や活性水素の含まれたお水を使用するのがおすすめです。
水素や活性水素には、活性酸素を除去する働きがあるといわれています。

活性酸素は体を酸化させる酸素で、頭皮の機能を低下させたり、老化させたりする原因となるものです。
健康で若々しい頭皮を保つためにも、水素や活性水素のもつ抗酸化作用を洗髪に利用しましょう。

頭皮の健康を守るポイント

頭皮と髪をしっかりと乾かす

頭皮や髪が湿っていると雑菌が繁殖しやすくなるので、髪が濡れたら早めに乾かしましょう。
髪は乾いているときより濡れているときの方がダメージを受けやすいため、きちんと乾かすことが大切です。

乾かすときには、ドライヤーの熱で髪と頭皮にダメージを与えないように注意しましょう。
根元から温風で乾かし仕上げに冷風で乾かすと、サラサラの髪をキープできます。

スタイリング剤は頭皮につけないようにする

ムースやヘアワックスなどのスタイリング剤は、できるだけ頭皮につけないようにしましょう。
スタイリング剤が頭皮につくと毛穴を塞いでしまい、皮脂が詰まる原因となってしまいます。

皮脂がつまるとフケやかゆみ、臭いなどの頭皮トラブルが起こりやすくなるため注意しましょう。
頭皮や髪への刺激が少ないスタイリング剤を選ぶことも大切です。

頭皮と髪への負担を減らす

ポニーテールなどいつも同じ位置で結んでいると、一部の頭皮や髪に負担がかかってしまうため、時々ヘアスタイルを変えるようにしましょう。

分け目がいつも同じだと、その部分の頭皮が紫外線などの外部刺激を多く受けてしまうため、定期的に分け目を変えるのがおすすめです。

また、ヘアカラーやパーマなども頭皮や髪への負担となってしまうため、できるだけ刺激の少ない薬剤を使用するようにしましょう。

頭皮の血行を促す

頭皮に必要な栄養と酸素を届けるには、血行をよくするのが効果的です。
指の腹や手のひらなどを使って、やさしく頭皮をマッサージしましょう。

マッサージをするときには爪をたてないように注意し、頭皮を傷つけないようにしてください。
マッサージ効果のある、ブラシを使用するのもおすすめです。

頭皮の血行を促す効果が期待できる、ローションなども販売されています。
入浴して体を温めたり運動をしたりして、全身の血行を促すことも大切です。

食生活を整えて頭皮や髪に栄養を与える

頭皮や髪は、食べた物からつくられています。
頭皮や髪を健康に保つためにも、必要な栄養素をしっかりと摂りましょう。

頭皮や髪をつくる元となるたんぱく質、ケラチン(髪の主成分)の生成をサポートする亜鉛、代謝を促してくれるビタミンB群などが不足しないようにしましょう。

抗酸化作用のある、ポリフェノールやカロテノイドもおすすめです。
食事は、いろんな栄養素をバランスよく摂るように心がけましょう。
頭皮の環境を整えてくれる、サプリメントなどを活用するのもおすすめです。

頭皮や髪を紫外線から守る

紫外線は頭皮や髪にも悪影響を与えるため、紫外線対策をしっかりと行いましょう。
日傘や帽子を使用して、紫外線が直接当たらないようにするのがおすすめです。

頭皮や髪に使用できる日焼け止めスプレーも販売されています。
日焼け止めスプレーを使用した場合には、頭皮や髪に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

就寝時にナイトキャップを使用する

就寝中の髪の摩擦やからまりを防ぐために、ナイトキャップを使用するのがおすすめです。
ナイトキャップを使用すると、髪へのダメージが抑えられるだけでなく、髪のまとまりもよくなります。

ナイトキャップは、吸湿性と通気性のよいシルクのものがおすすめです。
ゴムの締め付けや頭部を包み込む大きさなどをチェックして、自分に合ったサイズのものを選びましょう。

定期的にお手入れをして、清潔な状態のものを使用するようにしてください。

毎日のお手入れを大切に

美髪になるには、毎日のお手入れが大切です。
頭皮と髪を清潔に保ち、摩擦や紫外線などのダメージを抑えるようにしましょう。
毎日のお手入れに気を配ることで、少しずつ美髪に近づくことができます。

≪参考文献≫

髪と頭皮にやさしい洗髪方法|髪と頭皮のお手入れ|花王株式会社 ヘアケアサイト (kao.com)

【傷んだ髪のケア方法】洗い方から乾かし方まで正しいヘアケアをプロが指南 | 美容の情報 | ワタシプラス/資生堂 (shiseido.co.jp)

活性酸素を減らす生活術|オムロン ヘルスケア (omron.co.jp)

6人に1人が頭皮トラブル!?頭皮湿疹の4つの原因とは? | ロート製薬: 商品情報サイト (rohto.com)

薄毛の症状から対策までを解説。食事やシャンプーの選び方、頭皮マッサージの方法 | 大正製薬 (taisho.co.jp)