BLOG 水ブログ

ダイエットに役立つ飲み物と飲み方

ダイエットはカロリー制限や運動が必要になるため、途中で嫌になって挫折してしまう方も多いと思います。
ダイエットを継続するには、できるだけ無理なく続けられる方法を取り入れることが大切です。
飲み物や飲み方を工夫して、ダイエットに役立てましょう。

ダイエット中の水分補給で注意するポイント

痩せるには、水分をしっかりと摂ることが大切です。
ダイエットに適した水分補給の方法を確認してみましょう。

必要な水分摂取量をきちんと飲む

ダイエットをしているからといって、水分を制限するのは間違いです。
健康と美容を保つためには、十分な水分補給が欠かせません。

水分が不足すると便が固くなって排出しにくくなり、便秘になりやすくなってしまいます。
便秘は腸内環境の悪化を招き代謝を低下させるため、ダイエットにも悪影響を与えます。
効率よくダイエットを行うためにも、便秘を防いで腸内環境を整えましょう。
便秘対策には、起床時に冷たいお水を1杯飲むのがおすすめです。

ダイエットで食事制限をすると食べ物から摂取していた水分量が減るため、いつもより意識して水分を補給しましょう。

飲み物のカロリーを抑える

ダイエットを成功させるには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることが大切です。
けれど消費カロリーを増やすには運動をしたり基礎代謝を上げたりしなければならないため、ダイエットを面倒だと感じる方が増えてしまいます。

ダイエットを楽にするには、飲み物の摂取カロリーを減らすのがおすすめです。
食事や間食を減らすよりも、飲み物のカロリーを抑える方が比較的楽に続けられます。
飲み物を選ぶときには、カロリーができるだけ低いものを選びましょう。

勘違いしている方も多いようですが、ノンカロリーと表示されている炭酸飲料水や清涼飲料水がすべて0calとは限りません。
100gまたは100mlあたりのカロリーが5kcal以下であれば、「ノンカロリー」と表示することができます。
そのためノンカロリーだからと清涼飲料水を飲みすぎると、カロリーオーバーしてしまうため注意が必要です。
ノンカロリーの清涼飲料水でも、栄養成分を確認する習慣をつけましょう。

体を温めて基礎代謝をアップさせる

ダイエットを成功させるには、基礎代謝量を増やすのが効果的です。
基礎代謝量とは安静にしているときでも消費されるエネルギーのことで、基礎代謝量は個人によって異なります。
基礎代謝量が増えると消費されるカロリーも増えるので、基礎代謝量が高い人の方が効率的に痩せることができます。

体温が1℃上がると基礎代謝量が13%上がるといわれているので、体温を下げないことが大切です。
そのためにも、体を冷やす飲み物は控えましょう。
水分補給は、常温の状態で飲むのがおすすめです。

ビール、ウイスキー、焼酎は体を冷やすといわれているため注意しましょう。
また、水分が不足すると血行が悪くなって体が冷えやすくなるため、十分な水分補給をして血行を促すことも大切です。

ダイエットにおすすめの飲み物

ダイエット中には、できるだけカロリーが低く健康と美容に効果的な飲み物を飲むことが大切です。
ダイエットにおすすめの飲み物についてご紹介します。

基本はお水

ダイエットをしても思ったような成果が現われないとき、「水を飲んでも太る」という方がいらっしゃいます。
けれど、水は0カロリー。

水を飲んだ後は水の重さの分だけ体重が増えるので、太ったと勘違いしてしまうかもしれませんが、脂肪が増えて太るということはありません。
ダイエット中の水分補給には、カロリーが0のお水を飲むようにしましょう。
ダイエット中は栄養素が不足しがちなので、カルシウムやマグネシウムなどミネラルの豊富なお水がおすすめです。

空腹を和らげてくれる炭酸水

食事制限をしていて空腹がつらいという方には、炭酸水がおすすめです。
食事の前に炭酸水を1杯飲むことで、胃を膨らまし食欲を少し抑えることができます。
炭酸の泡が胃腸への刺激となり、腸の蠕動運動を促して便通を整える効果も期待できます。

コーラやサイダーなど炭酸飲料水の代わりに、炭酸水を飲むのもおすすめです。
炭酸水に味はありませんがシュワシュワとした感触は楽しめるので、炭酸水を飲むことで炭酸飲料水への欲求を減らすことができます。

体を温めてくれる飲み物

冷えを感じたら、体を温めてくれる飲み物を飲みましょう。
寒い地方や地下で育つ野菜には、体を温めるものが多いといわれています。
これらの野菜から作られた、ごぼう茶やタンポポ茶、たまねぎ茶には、体を温める効果が期待できます。

製造途中で発酵しているウーロン茶やプーアル茶も、体を温めてくれる飲み物としておすすめです。
生姜に含まれているショウガオールには体を温める作用があるため、白湯や紅茶に生姜をプラスして飲むといいでしょう。
体を温めてくれる飲み物は、できるだけカロリーの低いものを選びましょう。

間食にタンパク質が摂れる飲み物

基礎代謝量を上げるには、筋肉量を増やすのが効果的です。
筋肉が多いほど基礎代謝量が多くなるため、筋肉をつくるのに欠かせないタンパク質が不足しないようにしましょう。
プロテインドリンクや無調整豆乳には、タンパク質が豊富に含まれています。

体を温める作用のあるピュアココアを、無調整豆乳でつくるのもおすすめです。
タンパク質が含まれている飲み物はお水やお茶などよりも満腹感を得ることができるため、空腹が我慢できないときや間食にもおすすめです。

プロテインドリンクはカロリーの高いものもあるため、カロリーをチェックして選びましょう。
タンパク質の摂りすぎにも注意してください。

飲み物を見直してダイエットを成功させましょう

ダイエット中にはカロリーが低く、体が温まる飲み物を選びましょう。
こまめに水分補給をして、水分が不足しないようにすることも大切です。
ダイエットは毎日の積み重ねなので、普段の飲み物や飲み方を見直してダイエットに役立ててください。

≪参考記事≫

嗜好飲料(アルコール飲料を除く) | e-ヘルスネット(厚生労働省)

【医師監修】便秘と肥満の関係性とは? 肥満の原因と解消法を知ろう

エネルギー消費の大半を占めるのは基礎代謝。効果的に上げるには? | POWER PRODUCTION MAGAZINE

冷え性対策!本当に体を温める食べ物・飲み物を見分けるコツ|【ココカラクラブ】