BLOG 水ブログ

水素水の選び方:知らないと損をする3つのポイントを公開!賢く毎日の健康をサポート!

健康維持などの効果があると期待され、さまざまな商品が販売されている水素水(H2)。

水素水を生活に取り入れる方法は色々とありますが、「何を選んだらいいの?」と戸惑いを感じ、決めかねている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、水素水選びで損をしないための重要なポイントをまとめ、3つに絞りその内容を紹介していきます。

この情報が、みなさまが安心して水素水を生活に取り入れ、健康的な生活をお過ごしいただく一助となりましたら幸いです。

市販されている水素水の種類について

選び方についてご説明する前に、ますは水素水の種類についてです。
飲用として購入できる水素水には、すでに水素が含有されているものと、あとから発生させるものと、大きく2種類に分けることができます。

すでに含有されているもの

工場にて水に水素を含ませ、容器に入れて販売する形がこれにあたります。
容器にはペットボトルや、アルミ缶、アルミパウチが用いられることが多いです。

あとから発生させるもの

これには、4つのタイプがあります。

①電解式―水に電気を加える水素を発生させるタイプ

②飽和式―飲用水とは別に、水素を発生させるための水を取り込んで電気を加え、発生した水素に圧力をかけて飲用水に戻すタイプ

③化学反応式―水とマグネシウムの化学反応を利用して水素を発生させるタイプ

④量子交換膜式―これは飽和式に似ています。飲用水とは別に、水素を発生させるための水を取り込んで電気を加え、発生した水素を飲用水に戻すタイプです。飽和式との違いは、水に電気を加える際、高分子電解質膜を入れて水素を効率的に多く発生させる点です。

このように水素を水に含ませる方法は多岐にわたっています。
そして、それぞれに一長一短の特徴があります。
おそらく、このことが水素水を選ぶ際に「何を選んだらいいの!?」と分からなくなってしまう要因ではないでしょうか。

ですが、ご安心ください。

簡単な3つのポイントを抑えさせすれば、選択できるようになります。
あとは、金額のところでお財布との相談になります。

ここでは、いいものなのかどうか?買って損はないのか?
といった視点にて、いつも自分たちが判断しているポイントをお伝えしていきます。

水素水選びで失敗しないための3つのポイント

それでは、水素水選びで失敗しないためのポイントをお伝えします。

ポイント① - 使用(飲む)水はいい水か?
ポイント② - 飲むときの水素量は十分か?
ポイント③ - 環境にいいものか?

この3つになります。

では、それぞれについて詳しく解説していきますね。

ポイント①-元になっている水は「いい水」ですか?

水は無色透明で、味も料理とは違って分かりづらいところがあります。
ですが、実はいい水であるための条件がちゃんとあります。
その条件は7つあります。

条件①:溶解力が高い
条件②:浸透力が高い
条件③:ミネラルが豊富
条件④:酸化還元電位が低い
条件⑤:酸素を含む
条件⑥:水素を含む
条件⑦:活性水素を含む

条件⑥と⑦は、この後のポイント②に関係しますので、条件①~⑤について簡単に解説していきます。いい水の7つの条件の詳しい解説については別に記事を書く予定です。詳しいことを知りたい方はそちらをぜひチェックください。

条件①:溶解力が高いと多くの栄養を溶かし込むことができます。
条件②:浸透力が高い水は、吸収されやすく、栄養がすみずみまで届きます。
条件③:野菜に含まれるミネラルが減少してきている現代、毎日の水分補給からもでもバランスよくミネラルを補えます。ミネラルをバランスよく含んでいる水は甘くて美味しいお水です。
条件④:水など普段口にするものには「酸化還元電位」という数値があります。この数値がプラスであるほど触れたものを酸化させ、逆にマイナスは酸化したものを元に戻します。
条件⑤:現代では運動不足や住環境の変化などで、慢性的な酸素不足に陥る人が増加。酸素を溶かし込んだ酸素水は、胃腸器官の粘膜を通って、飲むだけで水分と共に酸素も補給できます。

そして、前提として、
条件⓪:有害物質など不純物を含まないキレイな水
があります。

キレイな水であることは当たり前のこととして、さらにいい水であるための条件が先の①~⑦になります。

水素水を選ぶ前に、この条件①~⑤(⓪も含めて)を参考に、元となる水が「いい水」なのか確認しみてください。

そうすると、中には、浄水はしてくれず水道水をそのまま使うものや、RO膜にて不純物だけでなくミネラルや酸素までなくなった純水を使用しているものがあります。

RO膜によって浄水した水は、確かに不純物をよく除きますが、ミネラルなどあってもいいものまで全て取り除いてしまいます。純水は味気なく美味しくなりません。また純水ですので、採水地の違いも意味がありませんので、究極の話をしますと天然水の必要はなく水道水でも得られる純水は同じものになります。

純水にしたのち、ミネラルを添加するタイプもあります。その場合には人工的なバランス構成になっているので、そこも自然なものなのか気に掛けるといいかと思います。

このようにして、水素水を気にする前に、使っている水が「いい水」なのかどうかを基準にすることで、選択しやすくなるのではないでしょうか。


【余談】
ここからの補足内容は、まだサイエンスとして確認されている話ではないです。ですが、筆者自身が大切なことだと思い、水を選ぶ際に気をつけていることについて、参考までに紹介します。

サイエンスとして確かなものとして認知されるまでには、10年、20年、あるいはそれ以上と非常に時間がかかります。ですが、サイエンスとしてはまだ確立されていないが、経験則から来る大切な事柄が非常に多くあると思います。これからお伝えする話はそのような内容かと考えています。

その大切にしていることは「流れ」です。「流れ」がないと淀んでいきます。部屋の空気も流れないと淀んで息苦しくなると思います。「血液」も流れていないと死んでしまいます。「お金」も常に流れているものでそれが止まると経済が破綻します。

同じように「水」も流れていないと淀み、濁ってきます。水も常に流れている方が新鮮でエネルギーが高い状態です。留まっているとエネルギーを失っていきます。(これが何のエネルギーかは、まだ研究途上ですので、サイエンスとしてのエネルギーではありません。)

そのため筆者は、ボトル詰めされた水よりは、水道水を処理した水の方をいつもおすすめしています。ボトル詰めされた水も非常時など必要で大切なものではあります。ですが常飲するものとしてはできる限り「流れ」ているものがいいと思います。

※ボトル水は、完全に菌を除いて詰めれば腐敗していくことはないと思いますが、一度開封すると空気中には様々な菌がいますので、そのまま保管していくこと溜まり水のようになると思います。ですが、そのようになった経験がなくボトル水には何かあると不思議に感じています。

以上、余談でした。少々本題から外れましたが、次では水素量について解説していきます。

ポイント②-飲むときの水素量は十分ですか?

水素水をお探しなので、当然ながら水素がどのくらい水に含まれているのか(溶存水素量)、気になるところかと思います。

ここでは、単純に溶存水素量を確かめる際に、気をつける点について解説していきます。

どのくらいの溶存水素量があるとよいのか。

その話をする前に、少々難しいですが溶存水素量の単位について説明いたします。難しいなと思った方は、そういうものかと読み飛ばしてください。

溶存水素量とは「水溶液中に溶けている水素分子の濃度を表す指標」のことで、「ppm」または「ppb」という単位で表されます。

<ppm>
ppm(parts per million)は100万分の1、つまり「1ppm」は「0.0001%」を表す。
「溶存水素量1ppm」は「1リットルの水の中に1mgの水素が含まれている」ということ。


ppb(parts per billion)は10億分の1、つまり「1ppb」は「0.0000001%」を表す。
「溶存水素量1ppb」は「1リットルの水の中に0.001mgの水素が含まれている」ということ。

難しい話ですみません。

ここで、お伝えしたかったことは、選択する際に溶存水素量として数字が記載されますが、それが「ppm」なのか「ppb」なのか気をつけてください、ということです。

溶存水素量「0.5ppm」と「500ppb」は同じことになります。
数字だけの大きさを見ると「0.5」と「500」で後者の方が大きく感じますが、どちらも一緒ですのでご注意ください。

さて、溶存水素量の表し方がわかったところで、どのくらいの溶存水素量があったらよいのでしょうか。

実は、まだ定かなことはわかっていません。

水素の効果について色々な研究結果が出ており、非常に高い期待がされていますがまだ途上です。

それらの研究について細かく具体的な話をすると、難しくなってしまうため、ここでは割愛させていただきます。

そのような中で、筆者としては飲用時に「0.4ppm」以上の水素が含まれているとひとまずいいのではないか、と現状では判断しております。

そして、ここで注意したいのが、「0.4ppm」という数字は飲用時ということです。

水素は生成しても時間経過でどんどん抜けていきます。たとえ生成時に高濃度であったとしても、保管状況などによってまったく数値が変わっている可能性があります。

工場にて水素を充填している商品の場合、「工場充填時」「製造時」などと封をした段階での溶存水素量が表記されています(稀に表記されていない品がありますが、それは論外かと思います)。工場にてボトル詰めされた後、工場から出荷されトラックなどに詰まれ、輸送され、倉庫や店舗に保管されています。そのため、表示されている溶存水素量が飲用時にどの程度下がっているのか、注意が必要になります。

飲用時の水素量を知るためには購入してみないとわからないことかと思いますし、水素量を知ることも簡単なことではないかと思います。

そこであくまでも目安になりますが、使用している容器でまず考えるとよいかと思います。一般的にはペットボトル系は水素が抜けやすいため避けた方がよく、アルミ缶やパウチタイプが良いかと思います。とは言え口のところもきつく締めていたとしても、水素はその隙間を抜けられるほど小さい物質のため、保管状況によってばらつきが大きいかと思います。

常に流れている水が良いことも踏まえると、水道水直結型かつ浄水(RO以外)機能があり、でその場で水素を生成するタイプがよかと考えています。


最後に、一言注意点をお伝えします。
それは、溶存水素量だけのアピールにも惑わされないようにするということです。
一番注目すべきことは、体の中の活性酸素がどれだけ除去できているのか?という最終的な効果です。
ある研究では、電気分解によって生成された電解水素水と水素ガスを充填した水素水では、同じ溶存水素量にもかかわらず、電解水素水の方が5倍抗酸化力が高い、という報告がされています。
一概に濃度が高いほうがいいとも言えません。濃度差による違いについては、これからの研究課題です。
水素水の購入検討時は、溶存水素量だけのアピールに惑わされないようにしましょう。

ポイント③-環境にいいものですか?

最後に、その選択が環境にもいいものか、検討するとよいです。
ペットボトルは、そのゴミが美しい海岸を汚していたり、海にてプラスチックスープになり魚介類を汚染していたり、といった問題が取りざたされています。
また、ペットボトルは石油からできており溶け出す成分に発がん性があると懸念されています。
サーバータイプには温水・冷水が出るタイプが多く、その場合には常に温めと冷やすことをしているため、電気を多く使います。

その点、水道直結型は、すでに整備されたインフラを活用しているため経済的でエコです。排出するゴミもごくわずかで、環境にいいものといえるのではないでしょうか。

サスティナブルやSDGsなど未来の環境に注目されるようになった昨今、子供や孫たちがいい環境で過ごすことができる未来のため、自身の行動を選択していくことが大切かと思います。

まとめ

水素水を選ぶうえでのポイントをお伝えしてきました。
そのポイントは、
① いいお水か
② 水素量は十分か
③ 環境にいいか
という点に絞って選択することをおすすめします。
水素水選びでは、②にばかり注目がいきがちかと思います。溶存水素量だけにとらわれず最後に抗酸化力が大切で着目してみてください。

また、②だけが注目されてしまい、①や③の判断基準が伝えられてきていないように思われます。

果たして使用する水はいい水なのか、またその選択は環境にもいいのか、という点も踏まえてぜひ選んでみてください。環境にいいことをしていると心も豊かになると思います。

本記事が、身体も心も健康で豊にし、幸せな生活への一助になれましたら幸いです。

皆さまの健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございます。